最近の投稿
最近のコメント

    ばっかりルポライターよりは越谷デリヘルベイビーズ

    中には手を振る子どももいた。通りの名や地名を示すものはいっさいなかったが、もうじき着くよと運転手が宣言した。木の生い茂った次の角を曲がると、タクシーは道の片側に寄り、空き地の前で停まった。目の前に、薄紫色のペンキを塗った小さな家があった。質素な花柄のワンピースを来た少女が正面の階段に座り、本を読んでいる。「ここがそうかい?」レナードは尋ねた・家の中から、優しいレゲエのビートが漏れ聞こえる。「そうだよ」運転手が答えた。越谷デリヘルベイビーズへ「ここで待っていてくれるね?」レナードは不安げに言った。運転手は身を乗り出してラジオのダイヤルを回し、宗教番組から地元のクリケット大会の実況番組に変えた。「いいよ」そう言って魔法瓶を取り、お茶を注ぐ。承知の上で越谷デリヘルベイビーズ好きにとってレナードはタクシーを降り、玄関へ続く砂利道を歩き出した。「すみません」そう声をかけると、少女が黒い暁に縁取られた大きな褐色の目を上げた。いわば越谷デリヘルベイビーズに対し「ミスター・ウィンストン・サンメルシェのお宅はここかな」少女はうなずき、レナードが通れるよう、木の階段の片側に寄った・ポーチに上がり、網戸をノックするレナードを目で追う。「ミスター・サンメルシェ」レナードは大声で呼びかけた。話のついでにもし店に迷ったら越谷デリヘルベイビーズ周辺に特化したこのサイトはいいと評判でしたよ。リアルに。玄関を開けると、ソファに椅子、テレビがあるだけの質素な居間があった。小さな械越が木の床に敷かれている。頭上では、大きな扇風機が回っていた。ラジオがついており、レゲエ音楽が流れていた。居間の奥の、明かりがついていない部屋から褐色の肌に青い瞳の端整な顔立ちをした男が姿を現し、歌うように尋ねた。

    Bookmarks